ブログトップ

あるのすさび

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧

霜月も終わりだなあ     一首



f0100480_16565576.jpg

18:31





カ シ オ ペ ア あ れ は 爪 痕 燃 え 尽 き る イ カ ロ ス が つ か ん だ 宇 宙 の 傷 だ ね





かしおぺああれはつめあともえつきるいかろすがつかんだそらのきずだね






 実家の


 取り壊しがいよいよ始まる。月曜(11/27)から、買い取り屋さん?処分屋さん?が入り、持ち出せるもの(箪笥や書棚、ありとあらゆる運べるものたち)は二日間かけて片付けられ、その後、解体に入る。昨日、見納めと思ってぶらりと行っていたら、兄も姪っ子を連れてやってきた。姪っ子たちはこの家で育ったから、私とは違った意味で寂しそうである。哀惜と言っていいかもしれない。私は相変わらず薄情なままで、数冊の本と小学四年生の時に載った作文集を持って帰ってきた。文集の自分の文章はどうでもよくって、市内の小学校からの選抜だから、中学や高校で一緒になった友達の文章が載っていたりして面白い。俳句や短歌、手紙形式の文章もあってなかなかのものだ。今度のクラス会に持って行こうと思ってね。



f0100480_18044595.jpg

 兄の仕事は自由が利くので、今月の半分は実家の片付けに当てたらしい。隅々まで目を通したのだろう、「こんなのがあった」「これは君のか?」などとメールが届いていた。母が最期の入院していた時、母に当てた手紙類がいっぱいあった。隣のおばちゃん(耳は遠いが82歳で杖を突きつつ元気)や従妹からの手紙はつらくて読めない。兄は泣いてしまうから処分すると言った。この世に残さないのだろう。



f0100480_17530276.jpg


 レコードや本の発送を頼んだ宅急便業者さんの一人がロック好きだったらしく、フェルナンデスのテレキャスモデルを見て「これ捨てるんですか~」とか、ロック雑誌の多さに感動していたらしい。それで「これは捨てたらあかんでしょう」と見つけてくれたのが、上の写真、レッドツェッペリンの来日パンフだった。ELP(オープニングアクトはFREE)のパンフも出てきたとか。忘れてたよ。



f0100480_17574236.jpg


 結社誌「月光」は今号から出版社、皓星社さんにお願いすることになった。53号は私の歌集『汀の時』の特集で、外部原稿を今をときめく山田航君、井上法子ちゃん、そして葉ね文庫の池上規公子女史に頼んだ。これまでは、私が葉ねさんに納品していたのだが、出版社から直で送るようになったから、月光の会から私に届くより先に葉ねさんに入荷。早く読みたいから買いに出かけた、笑。で、もちろん葉ね文庫さんで扱ってるわけですが、遠方の方amazonや出版社で購入できるようになりましたらお知らせします。




f0100480_18072864.jpg

『汀の時』のAmazonでの取り扱いが始まりました。『汀の時』(←クリック)。よろしくお願いします。短歌を続けることを見守っていてくれた、天満ガーデン・カフェの中野ひろ子ちゃんの旦那さんがやってる古本屋さん「駄楽屋書房」(天神橋三丁目)さんにも歌集『汀の時』を置いてもらいました。近くの方は手に取ってご覧いただけます。駄楽屋書房(←クリック)。よろしくお願いします。



f0100480_18082709.jpg


歌集『汀の時』は直メ、ツイッター、フェイスブック、mixi、そしてこのブログ非公開のコメントで予約してくださると、送料はサービスしま~す。山椒さん謹製、活版印刷栞はもう少しあります。6首バリエーションがあります。葉ね文庫店主の池上きく子さんの笑顔とカバーを折る素敵な指先を見たい方は、葉ね文庫(←クリック)でどうぞ。栞も付きます。





 そんなこんな。





f0100480_18203372.jpg


只今のながらMUSIC

SWEATIN’ BALLROOM / 吾妻光良&SWINGING BOPPERS






[PR]
by alglider | 2017-11-26 16:56 | 短歌 | Comments(0)