ブログトップ

あるのすさび

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧

梅が満開でした      一首 


f0100480_17343315.jpg



19:03



立 ち す く む 感 覚 が 脚 に 残 っ て る そ れ か ら の 生 の 補 助 線 を 引 く





たちすくむかんかくがあしにのこってるそれからせいのほじょせんをひく





 弥生三月


 である。3月になると必ず2012年を思い出す。胸椎硬膜外血腫で入院してたよなー、と。3月いっぱいで退院する予定が一週間ほど延びたのだった。桜の花がまだ残っていた。3日桃の節句にBEATNIKSさんの家まで遊びに行く。アメリカから帰って来てから何年になるのだろう? 分からないほどだけれど、初めて緑地公園のマンションまで出向いた。緑地公園にはblackbird books(←クリック)というアート、写真、詩歌、リトルプレスなどに特化した書店があって、前々から気になっていて『汀の時』を置いてもらえるように頼んできた。2冊在庫あります。




f0100480_18413847.jpg

 買い物に出かけた。近くの府営団地の中を横切ると梅が満開だった。ちょいと植え込みに入らせてもらい写真をとっていると「ええ写真が撮れましたか?」とおばさんに声を掛けられる。「梅は難しいでしょ?」とおっしゃるので「満開ですので困りませんでした」と返すと「その梅は枝折れがいいものねえ」と言いながらさくさく歩いていかれた。足の遅い私はすぐに見失う。




f0100480_20355909.jpg
『汀の時』のamazonでの取り扱いが始まりました。『汀の時』(←クリック)。よろしくお願いします。短歌を続けることを見守っていてくれた、天満ガーデン・カフェの中野ひろ子ちゃんの旦那さんがやってる古本屋さん「駄楽屋書房」(天神橋三丁目)さんにも歌集『汀の時』を置いてもらいました。近くの方は手に取ってご覧いただけます。駄楽屋書房(←クリック)。よろしくお願いします。




f0100480_18465726.jpg


 葉ね文庫が店内リニューアル。お店という感じから図書室のイメージへ。本の海から本の壁クリフハンガー(笑)になった感じ。命綱が要るよ。歌集『汀の時』は直メ、ツイッター、フェイスブック、mixi、そしてこのブログ非公開のコメントで予約してくださると、送料はサービスしま~す。葉ね文庫店主の池上きく子さんの笑顔とカバーを折る素敵な指先を見たい方は、葉ね文庫(←クリック)でどうぞ。栞も付きます(残っていれば)。





 そんなこんな。





f0100480_18523134.jpg
只今のながらMUSIC

AN OLD RAINCOAT WON’T EVER LET YOU DOWN / ROD STEWART






[PR]
by alglider | 2018-03-11 17:34 | 短歌 | Comments(0)