人気ブログランキング |

■■
■■
f0100480_184482.jpg




19:17





蕭 蕭 と か の 地 も 雨 の な か に あ り 果 た せ ず に い る こ と な ど 思 う





しょうしょうとかのちもあめのなかにありはたせずにいることなどおもう    『汀の時』P110





 こんなに


 雨の多い十月を私は知らない。十月の帝国という言葉を思い出す。あれは田村隆一だったか。中原中也は「一雨ごとに秋になるのだ」と書いたが、今年の秋は雨だった、という方が正しいような気がする。カエデより好きな桜葉の紅葉が落ち着いて見られない。写真もうまく撮れない。悲惨だ。先週はブログの更新をサボった。何だか邪魔臭くなってきた自分がいるし、そう大したことを書いているわけでもない。しかし、アルコール依存症の回復のために始めたブログだ、不治の病であるなら続けるしかないなあ、なんて思う。


 昨日10月28日は大阪自由大学の道浦母都子短歌塾で歌集『汀の時』のプチ合評会をしていただいた。13人が集まり、その中の3名に十首選(オーバーする人もいた)をしてきてもらい、選んだ理由や感想を述べてもらった。相互に重なった歌は、道浦さんの選とも重なる場合も多く、私は「私という川の流れの中の私」を見つめている思いだった。ああ、こういうふうに手放したものは流れ、風に運ばれるのだと。随分、勉強になった。道浦さんに「月光の会では合評をしてくださらないの?」尋ねられ、そうそう、と告知すると、歌誌「月光」53号は『汀の時』特集です。評を山田航、井上法子に依頼し、ゲスト参加を葉ね文庫の池上きくこ(以上敬称略)にお願いした。また月光の会員たちがどんな評をしてくれているのか、私はまったく知らず、楽しみにしている。53号から出版を皓星社(←クリック)さんにお願いすることになっている。もう一週間もすれば出来上がるのではないか。amazonなどで手に入るようになれば、また告知します。



f0100480_18330955.jpg


 角川短歌11月号、古川円さんの「歌集歌書を読む(P230)」で歌集『汀の時』を紹介していただいた。選んでいただいた二首は思い入れのあるもので、アップされたことだけで、何かが伝わりつつある、という思いがして嬉しい。ただ、「第三部~」からの一文は、お咲きさんにも「そうなの?」と訊かれたぐらいで「大病から解き放たれて云々」という思いは編集上なかった。でも、それが出版した事実なのだという感慨もあったりして、複雑だ。





f0100480_19030752.jpg


 『汀の時』のAmazonでの取り扱いが始まりました。『汀の時』(←クリック)。よろしくお願いします。短歌を続けることを見守っていてくれた、天満ガーデン・カフェの中野ひろ子ちゃんの旦那さんがやってる古本屋さん「駄楽屋書房」(天神橋三丁目)さんにも歌集『汀の時』を置いてもらいました。近くの方は手に取ってご覧いただけます。駄楽屋書房(←クリック)。よろしくお願いします。




f0100480_19044826.jpg


歌集『汀の時』は直メ、ツイッター、フェイスブック、mixi、そしてこのブログ非公開のコメントで予約してくださると、送料はサービスしま~す。山椒さん謹製、活版印刷栞はもう少しあります。6首バリエーションがあります。葉ね文庫店主の池上きく子さんの笑顔とカバーを折る素敵な指先を見たい方は、葉ね文庫(←クリック)でどうぞ。栞も付きます。















 そんなこんな。





f0100480_19070025.jpg


只今のながらMUSIC

DAVID GILMOUR / LIVE AT POMPEII






by alglider | 2017-10-29 18:04 | 短歌 | Comments(0)


■■
f0100480_16274258.jpg



17:02





燃 え な が ら 落 ち て く る の だ 嵌 め 殺 し の 目 を し た 幾 羽 も の カ ラ ス が





もえながらおちてくるのだはめごろしのめをしたいくわものからすが





 雨の日曜日


 ドラッグストアとスーパーへ出かける。気温が下がってくると鼻づまりがひどくなって点鼻薬がはなせない。で、買いに出かけたのだが、まだシーズンに入っていないのか割引していなかった。でで、二つ買うつもりだったのを一つに。せこい話。もう一つせこい話で、スーパーは今日は5%引きの日。年賀状の印刷を23日まで頼むと“早割”で30%引きで、その上5%も引かれる日になるわけである。それと去年までに残った年賀状(表書きをしていない)を10枚まで1枚40円で引き取ってくれる。このサービスも利用した。短歌を始めてから年賀状を出す人が増えてきた。お咲さんは筆不精で邪魔くさい邪魔くさいと、数は限定している。アップしたら野菜を食べよう!



f0100480_16471503.jpg


 朝日デジタルの記事マジっすか!以下。大阪・中之島の国立国際美術館で開かれている「ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル『バベルの塔』展」(朝日新聞社など主催)の公式マスコット「タラ夫」が、オランダ・ロッテルダムのボイマンス・ファン・ベーニンゲン美術館に寄贈されることが、決まった。展覧会終了後、着ぐるみが海を渡り、美術教育などに活用される。



f0100480_16285017.jpg


『汀の時』のAmazonでの取り扱いが始まりました。『汀の時』(←クリック)。よろしくお願いします。短歌を続けることを見守っていてくれた、天満ガーデン・カフェの中野ひろ子ちゃんの旦那さんがやってる古本屋さん「駄楽屋書房」(天神橋三丁目)さんにも歌集『汀の時』を置いてもらいました。近くの方は手に取ってご覧いただけます。駄楽屋書房(←クリック)。よろしくお願いします。


f0100480_16535633.jpg


歌集『汀の時』は直メ、ツイッター、フェイスブック、mixi、そしてこのブログ非公開のコメントで予約してくださると、送料はサービスしま~す。山椒さん謹製、活版印刷栞はもう少しあります。6首バリエーションがあります。葉ね文庫店主の池上きく子さんの笑顔とカバーを折る素敵な指先を見たい方は、葉ね文庫(←クリック)でどうぞ。栞も付きます。





 そんなこんな。





f0100480_16544761.jpg


只今のながらMUSIC

KERI / PHLOX






by alglider | 2017-10-15 16:27 | 短歌 | Comments(0)



f0100480_16514843.jpg




18:23





大 嘘 に 立 ち 会 っ て い る ぼ く の 飲 む コ ー ヒ ー の 不 味 さ と 空 の 灰 色





おおうそにたちあっているぼくののむこーひーのまずさとそらのはいいろ





 とにかく


 忙しい三連休だった。一日目は2か月ごとの血液内科の日。薬が効いているのでヘマトクリットの数値は安定しているのだが、白血球も赤血球も血小板も異常に多い。美人の担当医は「この病気ならこのぐらいでしょう。体質と言っていい程度」と言うが、いろいろネットで調べると、この数値で危ない話も書いてあって情けなくなる。帰りは梅田に出てヨドバシでUSBハブとCD-Rを買う。広い店で小さいアクセサリー、ハブなんてどこのあるか分からなくって、結局店員さんに訊くことになるのだが、疲れるわ。今使っているキーボードがめちゃ使いにくいので、ちょっと見てきたのだが、機能よりデザインの良さ、見た目に気がいってしまう。悪い癖だ。


 二日目は昼から「ふみまろ歌会」。昔々にどこかの歌会か、評をしてもらえる会に出してあまりいい評価でなかった歌を再提出していた。忘れられない、というか自分から離れないのである。やっぱりイマイチの評価であったが、いろいろ聞いて思うところもあって、整理もできそうなので収穫か。捨てられない歌の構造について考えることは、自分(作者)にとってとても大事なことで、捨てられないものの葛藤に本当の自分が見える気がする。そこを「ここはこうなって、こうするといいのだ」とやってしまうと、上手にはなっても短歌をやっている意味は私にとってない。今でも趣味ではなく救済なのだから。それから軽い打ち上げをして、私は北新地へ。日曜の北新地はがらがら。そんな中、萬年ビルを目指す。火事という亡くなり方をしたリカちゃんを偲ぶ会。3年目になるか。Amazonで歌集を買ってくれていた人が2人(持ってくると言って持ってこないから、と叱られました。)、偲ぶ会で買ってくれた人が3人。リカちゃんにも捧げる。帰宅は午前様のちょっと手前。お酒を飲まないと、こういう連荘は疲れるものなのだ。


 三日目の今日は、疲れている体に鞭打って早起きして、ブリューゲルの「バベルの塔」を見に。人気だそうだから開館の40分前には着いたが、結構並んでいた。「ひぇ~!」と驚くほどの人数ではなかったが、次から次と人がやってくる。作戦としてはボスなどの絵は、初夏にあった「ベルギー奇想の系譜展」と重なるので、まず「バベルの塔」まで一直線で行って、それから何気ない顔をして最初に戻って、もう一巡り、という手順。これが功を奏してじっくり見られました。やったー!





f0100480_17442201.jpg



f0100480_17451306.jpg


 誰かのお土産にと思って買ったスノードームだけれど、気に入ったので自分のものにした、笑。ま、誰も傷ついていない。


f0100480_18212861.jpg

『汀の時』のAmazonでの取り扱いが始まりました。『汀の時』(←クリック)。よろしくお願いします。短歌を続けることを見守っていてくれた、天満ガーデン・カフェの中野ひろ子ちゃんの旦那さんがやってる古本屋さん「駄楽屋書房」(天神橋三丁目)さんにも歌集『汀の時』を置いてもらいました。近くの方は手に取ってご覧いただけます。駄楽屋書房(←クリック)。よろしくお願いします。



f0100480_17524234.jpg


歌集『汀の時』は直メ、ツイッター、フェイスブック、mixi、そしてこのブログ非公開のコメントで予約してくださると、送料はサービスしま~す。山椒さん謹製、活版印刷栞はもう少しあります。6首バリエーションがあります。葉ね文庫店主の池上きく子さんの笑顔とカバーを折る素敵な指先を見たい方は、葉ね文庫(←クリック)でどうぞ。栞も付きます。





 そんなこんな。




f0100480_17544335.jpg

只今のながらMUSIC

恋愛小説2-若葉のころ / 原田知世






by alglider | 2017-10-09 16:51 | 短歌 | Comments(0)



f0100480_1481898.jpg

16:42





素 足 か ら 虹 は 伸 び ゆ く 夏 空 へ 打 ち 水 ご と に 女 と な っ て




すあしからにじはのびゆくなつぞらへうちみずごとにおんなになって







 原稿書きが


 立て込んでいたのだけれど、なんとか締め切りをクリアしている。月光の会の夏合宿歌会レポート二日分、歌誌「月光54号」の詠草、どれも送り終えた。それと詩客の森川さんから依頼されている7日締め切りの詩も格好がついた。後はナメクジの粘液のような思考の痕跡をたどりなおして、語句を選び直すようなことをする。飛躍と背中わせの言葉たち。


 二日間ひどい頭痛に悩まされてたのだけど、本当に「詩」を書いていたせいではないかと思っている。格好がついた今日は頭痛が出ていない。久しぶりに書くと、やはり書き出しの一行目に困るが、書きだすと終わらない。短歌で言う所の結句、不時着点が見つからない。そこそこ長いものになってしまった。21日の詩客に掲載予定で、またリンクするようにします。


 しかし、締め切りを守ることができる人間になれるとは思っていなかった。それもこれも矛盾するようだが、できないことは断るという当たり前のことが身についたからだ。お酒を飲んでいるときはそれができなかった。なんでも引き受けていたわけではないが、酒頭ではとにかく思考も体も仕事も管理はできないのであった。




f0100480_16285017.jpg

『汀の時』のAmazonでの取り扱いが始まりました。『汀の時』(←クリック)。よろしくお願いします。短歌を続けることを見守っていてくれた、天満ガーデン・カフェの中野ひろ子ちゃんの旦那さんがやってる古本屋さん「駄楽屋書房」(天神橋三丁目)さんにも歌集『汀の時』を置いてもらいました。近くの方は手に取ってご覧いただけます。駄楽屋書房(←クリック)。よろしくお願いします。




f0100480_16330162.jpg

 歌集『汀の時』は直メ、ツイッター、フェイスブック、mixi、そしてこのブログ非公開のコメントで予約してくださると、送料はサービスしま~す。山椒さん謹製、活版印刷栞はもう少しあります。6首バリエーションがあります。葉ね文庫店主の池上きく子さんの笑顔とカバーを折る素敵な指先を見たい方は、葉ね文庫(←クリック)でどうぞ。栞も付きます。






 そんなこんな。







f0100480_16340618.jpg

只今のながらMUSIC

THE IMPERFECT SEA / PENGUIN CAFE





by alglider | 2017-10-01 14:08 | 短歌 | Comments(0)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31